いちご舌:症状、原因、合併症のリスク

舌は体の最も重要な器官の1つです。舌は食べ物を噛んだり消化したりするのを助けるだけでなく、話すのにも役立ちます。それでも、舌を攻撃する可能性のある多くの問題や障害があります。そのうちの一つはいちご舌です。本当にかわいいように聞こえますが、いちご舌は過小評価されるべきではありません。

いちご舌とは?

いちご舌は、いちごのように真っ赤な舌の状態です(通常はピンクの舌、別名 ピンク)とイチゴ果実の大きな多孔質表面。ほとんどの場合、舌は最初に淡い白いパッチを表示してから、最終的に色を変更します。

いちご舌は、舌の外観や色の変化に加えて、舌の腫れを拡大させ、痛みや炎症を引き起こす可能性があります。いちご舌が現れた原因によっては、他の付随する症状もあるかもしれません。

いちご舌の原因は何ですか?

いちご舌の発生を引き起こす可能性のある多くの条件があります。

川崎病

川崎病は、体内の血管壁の炎症を引き起こします。この病気は、舌が赤くなり、目の充血、高熱、皮膚の発疹がはがれる原因となる可能性があります。川崎病は通常子供に発症します。

猩紅熱

猩紅熱は、喉の痛みを引き起こすA群連鎖球菌の感染によって引き起こされる病気です。猩紅熱はしばしば5〜15歳の子供を襲います。

これらのほとんどの場合、それを経験する人々はイチゴに変わる前に白舌を持っています。次の数日で、舌はイチゴのようになります。

猩紅熱の他の症状は次のとおりです。

  • 全身に赤い発疹がたくさんあります。
  • 赤い顔。
  • 高熱。
  • 喉の痛み。
  • 頭痛。
  • 皮膚のひだ、たとえば鼠径部に赤い線があります。

食品または薬物アレルギー

場合によっては、イチゴのような舌は、あなたが薬やあなたが食べているものにアレルギーがあることの兆候である可能性もあります。このアレルギーは他の症状を伴います:

  • かゆみや涙目
  • 口が荒い
  • 呼吸が難しい
  • 皮膚の発疹

医師は通常、発生する腫れや赤みを和らげるために抗ヒスタミン薬を投与します。

毒素性ショック症候群

毒素性ショック症候群(TSS)は、女性の膣に見られる黄​​色ブドウ球菌からの有毒物質の放出によって引き起こされる状態です。この症候群は、タンポンを使用して月経をしている女性によく見られます。

イチゴのように舌が赤く腫れるだけでなく、毒素性ショック症候群は次の原因にもなります。

  • 突然の高熱
  • 吐き気を催す嘔吐
  • 下痢
  • 頭痛
  • 体がかゆく感じる

この症候群はまれですが、致命的となる可能性があります。

ビタミン欠乏症

ビタミンB12と葉酸の不足は、舌がイチゴの果実に見える原因となる可能性があります。その他の症状は次のとおりです。

  • 倦怠感
  • 弱い
  • しびれやうずき
  • バランスを保つのが難しい

合併症は起こり得ますか?

いちご舌はとても痛いことがあります。また、食べ物や飲み物を噛んだり飲み込んだりするのが難しい場合もあります。

合併症も原因によって異なります。川崎病や猩紅熱が原因の場合、体内の炎症が心臓、脳、関節、皮膚に広がり、腎臓病や重度の耳の感染症を引き起こす可能性があります。

したがって、いちご舌はすぐに治療する必要があります。治療は発生する原因によって異なります。