化粧を台無しにせずに日焼け止めを再塗布する方法

日焼け止め (日焼け止め)家を出る前に着用する必要があります。ただし、 日焼け止め 十分でない。使用をやり直す必要があります 日焼け止め 保護効果が一日中続くように数回。では、どのように再利用しますか? 日焼け止め 使用中 化粧?

使用する理由 日焼け止め 繰り返す必要がありますか?

アメリカ皮膚科学会によると、日焼け止め 2時間ごと、または水泳や発汗の直後に再塗布する必要があります。

時間が経つにつれて、皮膚にある日焼け止めクリームはすり減る可能性があります。二度と使用しないと、野外活動をしているときに肌が日焼けするリスクも非常に大きくなります。残念ながら、多くの人はそれを再利用する方法について怠惰であるか、混乱さえしているかもしれません 日焼け止め.

外の天気が曇っていて日陰になっているとしても、紫外線はまだそこにあり、同じように危険です。これが、1日の野外活動の後に皮膚を黒くしたり、やけどさせたりする原因です。

保護せずに長時間太陽にさらされると、皮膚が早期老化する可能性もあります。茶色の斑点や細かいしわが顔に現れ、肌が古く見えることがあります。さらに、発生する可能性のある別の危険は、皮膚がんを発症するリスクです。

したがって、再利用する必要があります 日焼け止め 皮膚が発汗し始めた場合は、2時間ごとまたはそれ以上の頻度で。再利用することで 日焼け止め、 肌は太陽によって引き起こされる問題から保護されたままになります。

日焼け止めを再塗布する方法

日焼け止めが実際に再利用される頻度は、実際にどこで行っているかによって異なります。室内で活動している方は、クリームがすり減りにくいので、二度と使う必要はありません。

しかし、肌が汗をかきやすい野外活動をしていると、話は別です。特に着用時 化粧、再利用方法について混乱する可能性があります 日焼け止め 化粧を落とす必要はありません。

重要なのは、使用する製品の種類です。製品を使用する 日焼け止め 作ることなく顔の皮膚を保護するためのスプレーの形で 化粧 破損しています。あなたは例外なくあなたの顔と首全体に製品をスプレーする必要があります。

すべての肌が製品で湿っていて、何も見逃していないことを確認してください。次に、液体を浸して自然に乾かします。

スプレーの形に加えて、粉末などの粉末の形で製品を使用することもできます。あなたはそれを上で使う必要があります 化粧 と粉末を使用する必要があります みがきます またはブラシ。日焼け止めパウダーをゆっくりと円を描くように振りかけます。

このタイプの製品は、再利用が非常に簡単になります 日焼け止め もう一度化粧​​をする手間をかけずに。このタイプの日焼け止めは通常無色で軽いテクスチャーなので、外観は変わりません 化粧 君は。簡単に再利用できます 日焼け止め 顔がない ケーキのような.

パウダー日焼け止め製品は、紫外線からの保護に加えて、ビタミンAとEが含まれていることがよくあります。これにより、日焼け止めは肌に潤いを与え、滑らかにすることができます。

再利用の仕方も難しくありません 日焼け止め?これからも頑張って肌の美しさと健康を守りましょう 日焼け止め。