誰にでも影響を与える可能性のある難聴を引き起こす6つの病気

聴覚能力の喪失または難聴は、事故、または耳を含む感覚のすべての能力を低下させる老化プロセスのために、遺伝的に発生する可能性があります(先天性出生)。しかし、それだけではありません。特定の病気が原因で難聴が発生する可能性があります。どの病気が難聴を引き起こすのか知っていますか?下記参照。

1.耳硬化症

耳硬化症は、耳の骨が異常に成長する状態です。耳硬化症は難聴の最も一般的な原因です。

内耳の骨のこの異常な成長は、音波を耳で適切に捕捉できないように、音の捕捉プロセスを妨害します。

耳硬化症の症状の1つは、頭痛、片方または両方の耳のリンギング、および完全に消えるまで徐々に聞こえなくなることです。

2.メニエール病

メニエール病は、内耳の体液の流れを妨げる耳の病気です。内耳は、聴覚とバランスを制御する部分です。

メニエール病はめまいとクリエンガンの感覚を引き起こします。この病気は難聴にもつながる可能性があります。

この難聴は、迷路の耳に過剰な水分がたまることが原因です。その結果、バランスが崩れ、音波を捉えることができなくなります。 Healthlineページで報告されているように、この病気は耳の片側に干渉することがよくあります。

この病気の原因はまだ不明です。しかし、科学者たちは、これは内耳管内の体液の変化によって引き起こされると信じています。また、自己免疫疾患の発生も疑われます。

3.聴神経鞘腫

聴神経腫は、耳と脳をつなぐ神経に影響を与える良性腫瘍です。この病気はまれな状態です。この腫瘍の成長は非常に遅い時間で発生しますが、それはしばしば実現されない何年にもわたる可能性があります。

この腫瘍が大きいほど、問題が発生し、そのうちの1つが聴覚神経に関連する脳神経をつまんで成長します。したがって、この病気は難聴や難聴の原因となる可能性があります。

この状態の症状には、難聴、片方の耳の膨満感、平衡感覚の喪失、頭痛、顔面のしびれやうずきなどがあります。

4.風疹

ドイツのはしかは、胎児の成長を妨げる可能性のある風疹ウイルスによって引き起こされます。このウイルスは発育中の胎児を攻撃します。風疹ウイルスの攻撃によって発生する可能性のあるさまざまな障害があり、その1つが聴覚神経を攻撃しています。そうすれば、赤ちゃんは耳が聞こえない状態で生まれることができます。

風疹の症状は実際にはそれほど顕著ではありません。ただし、ピンク色の発疹、発熱、関節の痛み、妊娠中の腺の腫れなど、注意が必要な症状がいくつかあります。したがって、妊娠中の女性はこの状態に非常に注意する必要があります。

5.老人性難聴

老人性難聴は、中耳だけでなく内耳にも影響を与える耳の病気です。老人性難聴は、耳への血液供給の変化によって引き起こされ、感音難聴を引き起こします。

感音難聴は、聴覚器官または聴覚神経の損傷が原因で発生します。発生する難聴は、多くの場合、年齢に関連しています。難聴の約30〜35%は65歳以上の人に発生し、40〜45%は75歳以上の高齢者に発生します。

6.おたふく風邪

おたふく風邪は、主に子供に発生するウイルス感染症です。この病気は唾液腺を炎症させ、頬や顎を腫れさせます。頬の腫れに加えて、通常は発熱、頭痛を伴います。

このおたふく風邪ウイルスは、適切に処理されないと危険な場合もあります。おたふく風邪ウイルスは、蝸牛(蝸牛)または内耳の蝸牛の一部に損傷を与える可能性があります。耳のこの部分には、音の振動を脳が音として読み取る神経インパルスに変換する有毛細胞が含まれています。おたふく風邪は難聴を引き起こす可能性がありますが、これはあまり一般的ではありません。