赤ちゃんは免疫化後に入浴できますか? -

ワクチン接種中とワクチン接種後の両方で、親が自分の子供を落ち着かせるためにできることはたくさんあります。快適さを取り戻すために、彼に温水を浴びせることはしばしば選択肢です。しかし、免疫化後に赤ちゃんを入浴させることはできますか?以下の説明を確認してください。

免疫化後、赤ちゃんは入浴できますか?

免疫化は、特定の病気から予防するためにワクチンから注射される追加の抗体を体が産生する状態です。

インドネシアでは、新生児の抗体は一時的なものであるため、IDAIはいくつかの予防接種を必要とします。

ワクチン接種後、赤ちゃんはショックで泣き、注射部位に少し痛みを感じることがあります。一部の子供たちはまた、後でうるさいかもしれません。

それだけでなく、子供たちは免疫化後に例えば発熱などの副作用を経験するかもしれません。

ただし、これらの副作用は通常十分に軽度であるため、お子様の発育が妨げられることはありません。

多くの人は、赤ちゃんの状態が悪化する可能性があることを恐れて、免疫化後に赤ちゃんを入浴させてはならないと言います。

しかし、実際には、赤ちゃんは免疫化後に入浴できますか?

国民保健サービスのページから引用すると、赤ちゃんはワクチン接種や免疫化の後に副作用を経験することがあります。これらは一般的に非常に軽く、赤ちゃんが入浴するのを妨げるものであってはなりません。

ただし、免疫化後に38°Cを超える高熱が出た場合は、最初に入浴しないでください。

熱が体に不快感を与える可能性があるため、温かい布で体をきれいにして新鮮な気分を保ちます。

また、使用する温かい布で、胃、脇の下、首の後ろ、太ももの内側など、体の一部を拭いてください。

それでも触ると傷つく可能性があるので、注入された領域をこすらないでください。

免疫後の適切なケア

ワクチン接種後の副作用は正常です。通常表示されるもののいくつかは次のとおりです。

  • 落ち着きがなく、いつもより泣いている
  • 軽度の下痢、
  • 足または手のわずかに赤い領域、
  • 体の特定の領域のかゆみや痛み、
  • 注射部位に小さなしこりがあり、
  • MMRワクチン接種後に通常の発疹がありました。

親は、免疫化後に現れる可能性のある副作用についてあまり心配する必要はありません。免疫化後の深刻な副作用は非常にまれであることを覚えておく必要があります。

他の病気の健康リスクと比較した場合、ワクチン接種後のリスクは小さいです。したがって、あなたの子供にワクチンを持ってくることを恐れる必要はありません。

ワクチン接種後の治療は複雑ではありません、奥様。赤ちゃんや子供が熱を持っていない場合、彼はいつものように入浴することができます。

特にワクチン接種中は、緊張して汗をかき、体温が上がり、母親は入浴して体をきれいにする必要があるかもしれません。

しかし、繰り返しになりますが、免疫化後に赤ちゃんが入浴できるかという質問に対して、答えは、両親は熱が消えるまで待つべきであるということです。

あなたの子供が上記の副作用のいずれかを経験した場合、母親は彼女が通常服用している解熱薬を彼女に与えることができます。

年齢に適した薬や用量については、引き続き医師に相談することを忘れないでください。

また、母親は以下のように免疫後のケアも行うことができます。

  • 多くの場合、彼を抱き締めて快適さを加えます。
  • スケジュール通りに母乳育児を続けてください。
  • 冷たいタオルで注射部位を圧迫します。
  • お子様の手や足を動かして、固まらないようにします。
  • 彼が十分な休息をとることを確認してください。
  • 快適で過熱しない服を選んでください。
  • 熱が出ないときは、いつものように入浴してください。

いつ医者に診てもらいますか?

免疫は、感染症の発症から子供を守るための最良の方法の1つです。ただし、その後は効果を和らげるために治療を行う必要があります。

免疫化と適切なケアの後に赤ちゃんが入浴できるかどうかという質問には答えましたが、親は他の条件にも注意を払う必要があります。

免疫化後、子供を医者に連れて行く必要があるいくつかの条件があります。それは次のとおりです。

  • 解熱剤が正常に機能していません。
  • 赤ちゃんはうるさくなり、とても大声で泣きます。
  • 症状は悪化しています。

さて、質問は答えられました、免疫化の後に赤ちゃんは入浴できますか?噂が広まっていると信じる前に、真実を見つけることに慣れましょう、お母さん!

親になった後めまい?

子育てコミュニティに参加して、他の親からの話を見つけてください。あなた一人じゃありません!

‌ ‌