結局のところ、これは女性が年をとると胸がどのように変化するかです•

女性の胸は年齢とともに変化すると言われています。年をとると、胸がたるんで縮むと言う人もいます。しかし、これは本当ですか?女性の胸は年をとるとどのくらい変化しますか?

加齢に伴う女性の胸の形と大きさの変化

老化すると、女性の胸は変化します。通常、女性が年をとるにつれて乳房に起こることは、乳房の脂肪、組織、および乳腺の喪失です。これらの変化は通常、女性が閉経を経験した後のホルモンエストロゲンの減少が原因で発生します。

さらに、エストロゲンの量が減少するため、皮膚はより弾力性があり、脱水状態になります。最終的に、乳房腺の組織が収縮し、乳房が収縮してたるみます。

そうなると乳首の形も変わります。ストレッチマークは、胸の周りの皮膚にも現れます。

これらの変化は正常であるため、加齢に伴う乳房の変化について心配する必要はありません。ただし、注意が必要な異常な変更も発生します。

加齢に伴う乳房の異常な変化

女性の乳房は加齢とともに変化するのが普通ですが、一部の変化は正常ではありません。乳房の形の異常な変化は次のとおりです。

  • 赤みがかった胸
  • 乳房領域の皮膚の肥厚
  • 乳首からの分泌物
  • 胸の痛み
  • 胸の固いしこり
  • 一方の乳房はもう一方の乳房とは大きく異なって見えます

上記の異常な変化のいずれかが発生した場合は、すぐに医師に連絡してください。

加齢とともに乳房疾患のリスクが高まる

乳房の形や大きさだけでなく、加齢による変化は、すべての女性が経験する可能性のあるさまざまな乳房の病気にも関係しています。

女性が年をとるにつれて、乳房領域のしこりの形成が大きくなります。これらのしこりは、嚢胞、腫瘍、子宮筋腫などです。通常、これらのしこりは無害であり、ほとんどすべての女性が所有しています。ただし、しこりが危険かどうかを確認するには、医師に状態を確認する必要があります。

加齢とともに変化する女性の乳房に現れるしこりは、次のような状態になります。

  • 嚢胞。通常、嚢胞は丸く、柔らかいしこりがあります。嚢胞性のしこりは通常、液体で満たされています。ただし、液体と固体の両方を同時に含む嚢胞もあります。
  • 子宮筋腫。子宮筋腫のしこりは通常無害です。一般的に、これらのしこりには線維性結合組織が含まれています。
  • ダクト また 小葉過形成、これは乳腺に並ぶ細胞が過度に成長したときに現れるしこりです。
  • 乳管内乳頭腫、 これは乳腺に現れる良性腫瘍です。通常、この状態では乳首が出血します。
  • 乳腺の肥大により現れるしこりである腺症。

乳房のしこりに加えて、加齢に伴う変化も起こり、乳がんのリスクが高まります。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、50歳以上の女性は若い女性よりも乳がんを発症する可能性が高いとのことです。この病気の症状には、乳房の腫れ、乳房領域の赤みがかった皮膚、乳首からの分泌物などがあります。

乳房が急激に変化するのを防ぐ方法

やむを得ないことですが、少なくとも加齢に伴う乳房の急激な変化を防ぐことができます。そうすれば、発生する変更が速すぎて大幅になることはありません。もちろん、この予防は早期に行う必要があります。

あなたができるいくつかのことはあなたの胸を引き締めるのを助けることができるブラを使用して、そして定期的に運動することです。さらに、バランスの取れた栄養で健康的な食事をとることで、加齢に伴う乳房の急激な変化を防ぐこともできます。

目を覚まし続けるための体重の調整、外出時の日焼け止めの使用、禁煙も、乳房の過度の変化を防ぐのに役立ちます。