なぜ人間の声は性別によって決定できるのですか?

あなたが見知らぬ人と電話をしているとき、あなたはその人の性別が彼らの声だけで何であるかを推測することができます。同様にあなたが歌を聞くとき。歌手が男性なのか女性なのかすぐにわかるかもしれません。人間の声は独特で、性別を推測することができます。動物とは違いますよね?

しかし、実際には女性と男性の声はどのくらい違うのでしょうか。人の性別はどのように彼の声の特徴や性格を決定しますか?以下の完全な説明を確認してください。

人間の声はどのように生成されますか?

基本的に、人間の声はあなたの体の空気から生成されます。さて、人間の声を生成するプロセスは、3つの主要な段階に分かれています。

最初の段階は、肺が喉にある声帯に向かって空気を送り出すときに始まります。第二段階は、空気が声帯を通過するときです。声帯があるので、通り過ぎる空気が振動します。声帯による空気の振動の過程が音を生み出すものです。

ただし、この音は、アーティキュレーションという最終段階を経ないと音になりません。アーティキュレーションは、口、舌、または頬の内側の動きによって音が明瞭な音に変換されるときに発生します。

女性と男性の声はどのくらい違いますか?

専門家によると、女性と男性の声の違いは数学的にはそれほど違いはありません。しかし、子供の頃の人間は男性の声と女性の声を区別することに慣れているので、女性と男性の声の違いにも非常に敏感になります。

実際には、男性の声の周波数は65〜260ヘルツの範囲です。女性の声の周波数は100から525ヘルツの範囲で録音されましたが。これは、周波数が100〜260ヘルツの男性と女性は、音だけでは区別が難しいことを意味します。

男性と女性の声が違うのはなぜですか?

人間の声が基本的にそれほど離れていない周波数にある場合、女性と男性の声は何が違うように聞こえますか?これが答えです。

声調

人間の声のトーンまたは ピッチ 声帯の形と圧力によって決まります。声帯への圧力は喉頭(喉頭)の筋肉によって制御されます。喉頭への圧力が大きいほど、発生する振動も速くなります。振動が速いほど、声の高さが高くなります。

ええと、女性は声帯の形と振動を持っているので、高音を出すことができます。一方、男性の場合、振動が遅いと低音が発生します。

ホルモン

あなたの体の様々なホルモンは多くのことで重要な役割を果たします。それらの1つは人間の声です。その理由は、多くの研究が、テストステロンレベルが高い男性は声のトーンが低いことを示しているからです。

同じことが女性にも見られます。ホルモンのバランスは、声帯と喉が乾いているか、十分に湿っているかに影響します。さらに、ホルモンは喉頭と肺の筋肉の強さを決定する要素の1つであり、空気を音に送り込みます。

男性と女性の体内のホルモンのバランスが異なるため、生成される音の性質も異なります。