高齢者の手術中の全身麻酔はアルツハイマー病のリスクを高めます

過去20年間で、高齢者に発生するさまざまな病気が大幅に増加しましたが、同時手術を受ける高齢者の数も増加しています。あなたが年をとっているとき、あなたの体の状態が悪化していることは否定できません。関節から始まり、視覚、そして記憶へと続きます。

まあ、多くの場合、両親は彼らの生活の質を改善するために関節や他の臓器の大手術を受ける必要があります。それで、高齢者の手術のリスクは何ですか?次の説明を確認してください。

手術前の麻酔(麻酔)が高齢者に及ぼす影響

手術の前に、通常、麻酔科医は、手術中に患者が痛みを感じないように、一定期間患者の痛みをブロックすることを目的とした麻酔作用を実行します。この麻酔または麻酔作用は、注射、スプレー、軟膏、または吸入しなければならないガスを患者に与えることによって行うことができます。麻酔には、局所麻酔、部分麻酔、全身麻酔の3種類があります。

麻酔の効果は一時的であり、ほとんどの外科患者では一般的に無害です。しかし、加齢により体が衰え続ける高齢の患者さんでは、回復過程に影響を与える可能性があります。特に、高齢者が脳に直接作用する完全な麻酔を与えられた場合、手術中に患者は意識を失います。

新しい研究では、全身麻酔を高齢の患者に使用すると、認知症やパーキンソン病やアルツハイマー病などの神経変性疾患の発症のリスクが高まる可能性があることがわかりました。

高齢者の手術中の全身麻酔は、脳機能低下のリスクを高めます

研究者は、手術後の認知機能の早期低下を特定しました–と呼ばれる 術後認知機能障害 (POCD)、認知症を引き起こします。 POCDは、脳内の神経炎症反応の出現に関連しています。この反応は脳に損傷を与え、細胞の変性を引き起こします。

細胞レベルでの変性は、老人性認知症の引き金となります。それは間接的に認知機能の低下を引き起こす可能性があり、それは老化、長期記憶喪失、言語障害、および不安定な行動につながる可能性があります。認知症は、アルツハイマー病などの病気に発展する可能性があります。

この研究には、1999年から2001年の間に手術を受けた9,294人の高齢者が含まれました。参加者の約9%が、8年間の麻酔薬曝露後に認知症を発症し、アルツハイマー病を発症するリスクが15%増加しました。特に、全身麻酔を受けて認知機能が低下している高齢の患者は、神経変性疾患を発症する可能性が高くなります。

この研究から、研究者らは、全身麻酔を受けた高齢患者は、局所麻酔を受けた患者よりも神経学的問題のリスクが高い傾向があると結論付けました。

患者が75歳以上になると、高齢者の手術のリスクが高まります

以前の研究では、患者が75歳の場合、回復率と術後合併症の発生率が高くなることが示されています。 75歳になると、特に患者が認知機能の低下を経験した場合、脳機能は自然に低下します。これは、神経変性疾患の発症の可能性を非常に高くする可能性があります。

アルツハイマー病は、75歳以上の高齢者の早期死因となる可能性があります。患者は忘れがちになり、家から遠く離れて、家がどこにあるかを忘れて帰り道を忘れることがよくあります。そのような時、彼らは飢餓と肺炎のリスクに対して脆弱です。

高齢者が手術を受ける前に評価を行うことの重要性

研究者は、特に全身麻酔が必要な場合は、どの麻酔手順を使用するかを決定するために、両親に対して術前評価を実施する必要があると結論付けました。同様に、術後のフォローアップ行動計画は、認知機能低下と認知症の認識を確実にすることであり、それにより、より深刻な神経変性障害の発症を防ぐために治療を直ちに行うことができます。