あなたが知る必要がある気管支拡張症の6つの原因|

気管支拡張症について知っていますか?気管支拡張症は、肺の気管支の損傷と拡大を特徴としています。気管支拡張症の原因は何だと思いますか?根本的な病状が何であるかを知ることにより、取られた治療行動はより効果的であることが期待されます。さあ、次のレビューを通して気管支拡張症の原因を見てください!

気管支拡張症のさまざまな原因

上記のように、気管支拡張症は、気管​​支または肺の気道が拡張し、永久的に損傷している状態です。

呼吸すると、気管支と呼ばれる管から空気が肺に入ります。

通常、気管支は入ってくる空気からほこり、バクテリア、その他の異物をろ過します。

このフィルタリングは、気管支に含まれる粘液エイリアス粘液の助けを借りて行われます。

さて、気管支拡張症の影響を受けた肺では、気管支の内部が炎症を起こして拡張し、瘢痕が残ります。

その結果、気管支は粘液を適切に取り除くことができません。

粘液が蓄積し、痰の咳から呼吸困難に至るまで、気管支拡張症の症状を引き起こします。

時間が経つにつれて、悪化する気管支拡張症は、繰り返される肺感染症につながります。

その結果、時間の経過とともに肺機能が低下し、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

気管支拡張症は、実際にはさまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。しかし実際、40%もの症例には正確な原因がわかっていません。

この状態は特発性気管支拡張症として知られています。

ただし、気管支拡張症を引き起こすと疑われるいくつかの健康状態があります。

1.嚢胞性線維症

嚢胞性線維症(嚢胞性線維症)は、肺の粘液または粘液が厚くなり、粘着性になる障害です。

これにより、気管支が詰まり、肺が空気の最大の出入りとなることができなくなります。

嚢胞性線維症は、気管​​支拡張症の主な原因の1つです。

2.慢性閉塞性肺疾患(COPD)

気管支拡張症にも関連する別の健康状態は、COPDとしても知られる慢性閉塞性肺疾患です。

COPDは肺の慢性炎症であり、肺への、および肺からの気流が遮断されます。

この病気は一般に、タバコなどの有害なガスや化学物質への長期暴露によって引き起こされます。

COPDの人は、インフルエンザや肺炎などの他の呼吸器感染症を発症する可能性が高くなります。

気管支拡張症では、人の肺機能への損傷が悪化する可能性があります。

3.原発性線毛機能不全

気管支拡張症の他の考えられる原因は次のとおりです。 原発性線毛機能不全 または原発性線毛機能不全。

このまれな病気は、肺に見られる繊毛または小さな髪の毛のような組織の破壊を特徴としています。

繊毛の機能は、肺から粘膜や粘液を取り除くのを助けることです。繊毛が乱れると、自動的に肺の粘液を適切に取り除くことができなくなります。

正常に機能できない繊毛は、細菌が気道に集まる原因にもなります。その結果、体は感染しやすくなります。

4.先天性(先天性)状態

出生時から存在する臓器、特に肺の異常も気管支拡張症の原因の1つです。

これは通常、完全に形成されていない肺を持って生まれた赤ちゃんに見られます。

それだけでなく、原発性線毛機能不全などの特定の病気も、赤ちゃんが生まれる前に遺伝子変異が原因で発生する可能性が高くなります。

5.自己免疫疾患

自己免疫疾患を患っている人はまた、気管支拡張症になりやすいです。

通常、この状態に関連する自己免疫疾患は、関節リウマチと潰瘍性大腸炎(大腸の炎症)です。

一方、HIVや糖尿病など、体の免疫システムを損なう病気は、患者を気管支拡張症にかかりやすくする可能性があります。

6.再発性呼吸器感染症

呼吸器感染症が頻繁に発生する場合、特に長期間続く場合は、気管支拡張症を発症する可能性が高くなります。

繰り返し発生する呼吸器感染症は、肺の機能と質に影響を与える可能性があるためです。これが気管支拡張症の原因です。

気管支拡張症に関連することが多い呼吸器感染症のいくつかは次のとおりです。

  • 肺炎、
  • 百日咳(百日咳)、
  • 結核(TB)、および
  • 真菌感染症。

これらは、これまでに発見された気管支拡張症のさまざまな原因です。

American Lung AssociationのWebサイトによると、気管支拡張症のリスクは年齢とともに増加します。

さて、基本的に、気管支拡張症は永続的で不治の状態です。

しかし、医師が推奨する気管支拡張症の治療を受けている間、患者は依然として健康で正常な生活を送ることができます。

治療は、肺機能を維持することに加えて、この状態が将来悪化するのを防ぐことも目的としています。