これらの3つの簡単なトリックでソーシャルメディアの使用を減らす時が来ました

ソーシャルメディアの使用は、子供から高齢者まで、年齢を知りません。ソーシャルメディアは、現代社会のコミュニケーション方法をほぼ完全に変えました。これは、特に離れた場所にいる人とのコミュニケーションに役立ちます。ソーシャルメディアはまた、誰もが情報を迅速に広めることができるように設計されています。

しかし、ソーシャルメディアはまた、多くの人々を中毒にさせており、それはいくつかの悪影響を及ぼしています。多くの人がほとんどの時間を画面を見つめています ガジェット。したがって、日常生活でのソーシャルメディアの使用を管理する必要があります。

ソーシャルメディア中毒の影響

視覚障害

画面に焦点を合わせすぎている目 ガジェット 長すぎると、目の圧力、目の疲れ、炎症、目の赤み、かすみ目などのさまざまな目の障害を引き起こす可能性があります。この状態は永続的な障害ではありませんが、障害を頻繁に経験する場合は、眼鏡やレンズなどの補助器具を使用して直射日光への露出を減らすと、目の障害の影響を減らすのに役立ちます。

睡眠障害

研究者は、ソーシャルメディアの使用と睡眠障害との間に強い関連性があることを示しています。ほぼ常にオンラインでのやり取りに時間を費やしている人は、不眠症などの睡眠障害を経験するリスクが3倍になります。

多くの要因がこれを引き起こします。たとえば、一部の人々はサイバースペースでの存在を維持する傾向があり、これにより彼らは遅く眠ります。多くの人がソーシャルメディアの使用に夢中になっているため、時間を忘れてしまいます。たとえば、止まらない、または単に受動的なネチズンであるソーシャルメディア上のコメントに返信するため。最新の情報を見逃さないようにタイムラインを見ているだけで、毎晩深夜に睡眠が妨げられる可能性があります。

あるいは、すでに最初に眠ることが困難な人もいるので、ソーシャルメディアを使用して、眠りに戻るまでの時間を過ごします。ただし、これは役に立ちません。

あなたがソーシャルメディアをプレイすることに時間を費やすとき ガジェット 寝る前にあなたからの明るい光線 ガジェット 太陽の自然光を模倣します。その結果、体の体内時計はこの光をまだ朝の信号として認識し、メラトニンの生成が妨げられます。

うつ病と不安を改善する

慢性的な睡眠不足の影響は、うつ病のリスクを高める可能性があります。ソーシャルメディアでオンラインを維持する必要性を満たすことは、不安障害やうつ病のリスクの増加だけでなく、自信のレベルの低下と長い間関連してきました。

特に子供や青年の間でのソーシャルメディアの頻繁な使用は、心理的ストレスのレベルの増加を伴う多くの研究によっても関連付けられています。これらの要因はすべて、子供のうつ病を引き起こしたり悪化させたりすることに関連している可能性があります。

ソーシャルメディアはまた、誰かが自分自身を表現したり、日常の活動を披露したりする場所のようです。これは実際に他の人に嫉妬を引き起こす可能性があります。この嫉妬は、うつ病などの精神障害を引き起こす可能性があります。羨望に加えて、ソーシャルメディアもしばしばイベントです いじめ これは非常に頻繁に発生します。多くの人は、ソーシャルメディアで多くの人に屈辱を感じているという理由だけで、落ち込んで、落ち込んで、自殺を決意することになります。

ソーシャルメディアの使用を減らす方法

1.ソーシャルメディアの使用を制限する

アラームまたはアラームを使用して、ソーシャルメディアに毎日費やす時間を制限します ストップウォッチ ソーシャルメディアの使用を管理するため。ソーシャルメディアに費やす時間を制限することに慣れたら、ソーシャルメディアに依存しないように設定します。

2.ソーシャルメディア以外の情報を探す

ソーシャルメディアは最新の情報を取得するために使用されます。そのためにソーシャルメディアを使用している場合は、情報を取得するために他の代替手段を探してください。ニュースサイト(ソーシャルメディアアカウントからではない)を読んだり、新聞を読んだり、テレビでニュースを見たりすることができます。

3.より有用な活動を探す

他の活動を探すことで、ソーシャルメディアにアクセスする強度を減らすことができます。もちろん、忙しいほどソーシャルメディアに費やす時間は少なくなります。スポーツに注意を向けたり、身近な人と一緒に遊んだりしてみてください。

ソーシャルメディアを賢く使う

これは、ソーシャルメディアでの活動を減らすことがソーシャルメディアを悪いことにするという意味ではありません。あなたがそれを賢く使うとき、得られるべきまだ利益があります。ソーシャルメディアを上手に使えば、まだまだ安心感があります。ソーシャルメディアがあなたにどのような影響を与えるかは、あなたがそれをどのように使用するかによって異なります。

すべての種類のソーシャルメディアを持っている必要はありません。頻繁に使用するソーシャルメディアで積極的に活動する必要があります。ソーシャルメディアの使用を減らすと、他にもできることがたくさんあります。たとえば、家族、親しい友人、親戚と集まったり、休暇を取ったり、本を読んだり、その他の趣味をしたりします。ガジェットがなくても、友達や家族と自由に話をすることができます。友達や家族との集まりはさらに意味があります。