脳卒中が子供に与える影響、それを治すことはできますか? ••

脳卒中は、高齢者だけでなく、子供も含めて誰でも体験できます。この悪夢は両親に不思議に思います、この脳卒中が子供にどのような影響を与え、回復する可能性はありますか?以下の答えを見てください。

脳卒中とその子供への影響の可能性を認識する

この健康問題は子供ではかなりまれです。しかし、脳卒中とライフスタイル管理が子供に与える影響について知っておくべき時です。

脳卒中は、脳への血液供給が遮断または停止した状態です。通常、ストロークには2つのタイプがあります。

  • 虚血性脳卒中:脳への不十分な血流によって引き起こされます
  • 出血性または出血性脳卒中:脳内出血

脳内の血管が損傷すると、脳とその周辺の組織が血液の供給を失い、損傷する可能性があります。この場合、子供は介護が必要ですが、それは各子供の状態によって異なります。

ただし、子供が一過性脳虚血発作(TIA)のみを経験する条件があります。これらの攻撃は、脳への血液供給が短時間だけ中断されたときに発生します。これらの症状は数分または数時間しか続かず、完全に消えます。通常24時間以内。

成人では、一過性脳虚血発作は脳に永続的な損傷を引き起こしません。一方、子供に発生する発作は、通常、脳損傷がありますが、付随する症状はありません。

子供が脳卒中を起こしたとき、両親は確かに子供に将来の影響がどうなるかについて心配していますか?脳卒中が子供に与える影響は、子供が非常に若い場合、特に発達の初期段階ではそれほど目立たない場合があります。ただし、以下のように、特定できる子供の脳卒中のいくつかの症状があります。

  • 体の片側の脱力感またはしびれ
  • 不明瞭または話すのが難しい
  • 歩くときにバランスを取るのが難しい
  • かすみ目や複視などの視力の問題
  • 突然無気力で眠くなる
  • 発作
  • 弱い記憶
  • 気分や態度の変化

上記の症状を見つけた場合は、すぐに医師の診察を受けることをお勧めします。医師は、脳卒中やその他の健康上の問題があったかどうかを調べるために、さまざまな検査で子供の状態を診断します。

脳卒中は脳の損傷の1つであり、将来、次のようないくつかの影響を与える可能性があります。

  • 脳性麻痺
  • 認知発達と学習の障害
  • 片側の体の麻痺または脱力感
  • コミュニケーションの難しさ
  • 視覚障害
  • 精神障害

脳卒中を患っている子供の状態は、医師の推奨に従って特別な治療を受ける必要があります。特にライフスタイルと脳卒中が子供に与える影響を管理するため。

子供は脳卒中から回復できますか?

親が自分の子供に状態と起こりうる影響を知った後、多くの人は自分の子供が脳卒中から回復することを望んでいます。癒しは、あなたの子供が受ける必要のある一連のケアと管理のプロセスの一部です。

脳卒中の初期段階では、子供たちはスムーズな血流をサポートする脳卒中に対処するための治療が必要です。これらの治療法は次のとおりです。

1.治療

アスピリンまたは抗凝固薬(抗凝固薬)、および特殊なビタミンの投与。子供が鎌状赤血球症と脳卒中を患っている場合は、ヒドロキシ尿素薬または輸血で治療することができます。

2.神経放射線学的介入

この手順は、異常な血管にカテーテルを配置することによって実行されます。カテーテルは、血管内の血栓を治療し、脳への血流を回復させるためにも使用されます。

3.手術

この手術は、脳卒中を起こした子供の状態に応じて必要になります。そのうちの1つは、重度の脳浮腫がある場合です。

子供の脳卒中の状態に応じて、治癒について話します。脳卒中の場所は、前述のさまざまな影響を引き起こす可能性があるためです。

全体として、子供の発達中の脳は、脳卒中のある成人よりも脳卒中から回復する可能性が高くなります。親は、早期の診断と治療が子供の脳卒中の長期化のリスクと影響を減らすことができることを知っている必要があります。したがって、子供がこの健康問題から回復する可能性はまだあります。