赤ちゃんは子宮の中からあなたの顔を認識できます

すべての親は常に胎児の発育を監視する必要があります。実際、一部の親にとって、胎児の発育を時々知ることは楽しいことです。確かに、胎児が赤ちゃんになるまでの成長と発達は、非常に迅速かつ迅速に起こります。実際、赤ちゃんはまだ子宮の中にいるときに、すぐに顔を見て認識できます。信じないで?

子宮内の赤ちゃんはどのようにして顔を認識できますか?

信じられないかもしれませんが、赤ちゃんはまだ子宮の中にいたので、見ることができました。彼はそれを見るだけでなく、人の顔の形さえ認識しました。ある研究では、これが赤ちゃんに起こる可能性があることが示唆されています。

イギリスのランカスター大学の研究者が行った研究によると、胎児は子宮の中でも人の顔を認識できるとのことです。研究者らは、胎児の顔への動きをはっきりと示すことができると考えられている4D超音波を使用してこの試験を実施しました。

そのため、この研究では、研究者は胎児に刺激を与えようとし、4D超音波からの刺激に対する胎児の反応を見ました。胎児に与えられる刺激は2つあります。つまり、三角形のみの光刺激です。もう1つの刺激は、2つのポイントが追加された三角形のライトであるため、目のある顔のような形になります。

そして、研究の結果から、人の顔の形に似た刺激を与えると、39人もの胎児が40回頭を上げたことがわかりました。一方、三角形の光刺激が与えられたとき、胎児は14回しか反応しませんでした。

子宮内の赤ちゃんの視覚的発達

これらの研究から、胎児の発育中に多くの予期しないことが起こると結論付けることができます。胎児がまだ子宮内にいるときに顔を見て認識できることだけが知られていますが、すべての胎児が妊娠28週のときに顔を見ることができるのは正常です。

この在胎週数で、胎児のまぶたが開き、初めてまばたきを始めます。視覚能力は赤ちゃんの枝によって形成される最後の能力であるため、出生時、赤ちゃんは約20〜30cmの距離でしか見ることができません。

胃の周りの光は胎児を乱す可能性があります

専門家はまた、胎児に明るすぎる光刺激を与えないように述べています。たとえば、ランプを母親の胃の近くに保持します。彼はすでに光を刺激として「見て」そして受け入れることができるので、これは胎児を邪魔して不快に感じるだけです。

また、受けた刺激が胎児の発育に影響を与えることも示しています。胎児が子宮の外から聞く音が後で彼らの認知能力に影響を与えることを証明する多くの研究があります。