なぜ他人を傷つけたいという衝動があるのですか?

あなたはすでに映画の暴力シーンに精通しているかもしれません。この種の行動は映画だけに存在するのではありません。現実の世界でさえ、人間は当然暴力を振るう傾向があります。これは時々他人を傷つけたいという衝動に変わることがあります。

実際、この衝動はどこから来たのでしょうか?

他人を傷つけたいという衝動の背後にある科学的理由

暴力は、肉体的にも感情的にも、基本的に人間を形作る人格の一部です。認めるのは難しいですが、差別、いじめ、そして紛争を引き起こす可能性のあるあらゆる種類の相互作用も、それから切り離すことはできません。

この行動は心理学における攻撃性として知られています。精神分析理論の創始者であるジークムント・フロイトは、攻撃性は人の内なる衝動から来ると述べました。このドライブはモチベーションになり、特定の行動の形で現れます。

残念ながら、攻撃性は、脅迫、脅迫、嘲笑、さらには他の人についてうわさ話をするという単純な習慣などの破壊的な行動につながります。この行動は、他の人だけでなく、それをした人も破壊します。

攻撃性の最も極端な形態の1つは、他の人を傷つけたいという衝動です。他の攻撃的な行動と同様に、他の人を傷つけたいという欲求は、次のようないくつかの目的に役立ちます。

  • 怒りと敵意を表現する
  • 所有権を表示する
  • 優勢を示す
  • 特定の目標を達成する
  • 他の人と競争する
  • 痛みや恐怖に応えて

フロイトは、Pijar Psychologyページを立ち上げ、暴力を人間の情熱として説明しました。この欲求は、食欲やセックスをしたいという欲求と同じように、満たされることを要求します。

文明以前の時代からさかのぼると、人間は食料を手に入れ、自分自身、家族、グループを守るために奮闘しなければなりません。多くの場合、彼らはこの目標を達成するために暴力に訴えなければなりません。

暴力的な行動は遺伝学に記録され、今までに根付いた本能になります。しかし、人間の文明は暴力を無意味にしました。暴力は今や非人道的で非合理的であると見なされています。

他人を傷つけたいという衝動はまだありますが、あなたはそれを封じ込めるように訓練されています。実際、あなたはそれを持っていることに気づかないかもしれません。この欲求は、否定的な感情を引き起こす葛藤に直面したときにのみ現れる可能性があります。

人間がお互いを傷つけない理由

フロイトは、人生には3つのレベルの意識、すなわち意識( 意識的 )、前意識( 前意識 )、そして無意識( 無意識 )。彼によると、ほとんどの人間の行動はこのレベルの意識によって制御されています。

このレベルの意識には、id、ego、superegoと呼ばれる性格の3つの要素があります。 idは、空腹を感じたときに食べるなど、満足と喜びを求める潜在意識の一部です。

自我は、安全で社会に受け入れられる方法で自我の欲求を満たすことを使命としています。もちろん、食べたいのなら、他の人の食べ物を食べるだけではありません。フロイトによれば、これを支配するのは自我です。

一方、超自我はあなたが規則と道徳的原則に従うことを確実にする人格要素です。超自我はあなたが秩序ある社会に親切で責任があることを妨げます。

他の人を傷つけたいという衝動を感じたときも同じことが起こります。たとえば、誰かが通りであなたにぶつかると、あなたは怒ります。 idは、厳しく行動することで彼の欲求を満たしたいと考えています。あなたはその人を殴りたいのです。

しかし、超自我はあなたが暴力的であることを「禁じています」。暴力は気分を良くしますが、あなたの超自我はあなたがそれをするのを妨げています。それはまた、この行動から待っている罰を思い出させます。

最終的に、自我は自我と超自我の間の仲介者として機能します。 IDが望むように暴力に訴えることなくあなたの怒りを表現できるように見えます。このように、あなたはあなたの感情をコントロールすることができます。

他人を傷つけたいという衝動をコントロールする

それは当然のことながら人格ですが、他人を傷つけたいという願望は正当化できません。この行為も違法であり、あなたに害を及ぼします。衝動を頻繁に感じる場合は、それを制御するためのヒントをいくつか紹介します。

  • あなたを簡単に怒らせる状況や人々について考えてください。あなたがそれらを避けることができるようにトリガーについて考えてください。
  • あなたが何かをする前にあなたを怒らせる状況から離れてください。
  • 怒りを引き起こす状況になることがわかっている場合は、どのように対応するかを考えてください。
  • あなたを理解しようとすることをいとわないあなたに最も近い人々と話してください。
  • 落ち着いた状態で、自分の行動が気になる人や他人との関係に悪いのかどうかをもう一度考えてみてください。

他人を傷つけたいという衝動は、本能の一部です。この動作は、避けられない場合がある多くの要因が原因で発生します。抑えるのは簡単ではありませんが、少しずつコントロールしていく練習ができます。