セレモニー中の失神は、これらの4つの簡単なトリックで防ぐことができます

インドネシアの多くの歴史的な日は、常に旗を掲げる式典で記念されます。そのうちの1つは、毎年8月17日の独立記念日です。長時間立って暑い日差しを浴びると、必然的に人々が過熱し、式典中に失神することがよくあります。

しかし、式典中の失神はもはや毎年の伝統である必要はありません。あなたまたはあなたの子供が17年代後半に旗の儀式に出席する場合、儀式の途中で失神を避ける方法をここで見つけることができます。

17代の式典で失神を防ぐためのさまざまな簡単な方法

失神、または医学用語での失神は、突然起こる一時的な意識喪失であり、しばしばそれを経験している人を転倒させます。

失神は、特に脆弱な人々によく見られる症状です。 5人に2人がそれを経験したと推定されています。

気絶して野原を襲うのが怖い場合は、式典中に失神を防ぐ方法を知っておくことをお勧めします。この方法は、後で学校の子供にも適用できます。

1.出発前の朝食

朝食は活動を始めるためのエネルギーを提供するだけでなく、その日の十分なエネルギーを提供することもできます。あなたが車だったら想像してみてください。長い夜の睡眠の後、燃料タンクは空になります。朝食はあなたがあなたの毎日の活動を再開することを可能にする燃料です。朝食を逃したために式典中に失神するのは当然のことです。

毎朝健康的な朝食を定期的に食べる大人は、より多くのビタミンとミネラルを消費し、体重を管理し、脂肪とコレステロールをより少なく食べる傾向があります。一方、子供たちのための健康的な朝食ルーチンは、彼らの毎日の栄養ニーズを満たし、健康的な体重を維持し、より集中し、そして子供たちを学校での儀式に参加するために強くすることができます。

2.十分な水分の必要性

アメリカ家庭医学会によると、式典などの野外活動を始める前に、水をたくさん飲み、お茶、コーヒー、ソーダなどのカフェイン入り飲料を避けることで、失神を防ぐことができます。熱に関連する健康上の問題は、高温や水分の喪失だけでなく、体内の塩分不足によっても引き起こされます。必要に応じて、汗で失われた体内の塩分を補給するためにスポーツドリンクを飲んでください。

3.日光への露出を避ける

可能であれば、後の式典で直射日光が当たらない場所を探すことができます。たとえば、木の下の気温が低い場所を探すことができます。日光への露出が避けられない場合は、式典中に帽子をかぶってみてください。さて、特に帽子をかぶる必要のある学童にとっては、頑固にならず、式典の途中で脱いでください!あなたの帽子は実際には式典中の失神を防ぐための武器になることができます。また、日光を避けられない場合は、ゆったりとした軽い下着と、SPFが15以上の日焼け止めを着用してください。

4.脚の筋肉を収縮させる

意識を失う前にめまいやめまいを感じる人もいます。さらに、心拍数が速くなり、発汗し、体が弱くなることもあります。失神したと感じた場合は、すぐに血行を維持して予防策を講じてください。長時間立っている必要がある場合は、時々脚の筋肉を伸ばしたり、脚を交差させたりして、心臓や脳に戻る血流を増やします。