あなたがしばしば間違った決定をするようにする3つのこと

人生は選択肢に満ちています。健康的なフードメニューを選ぶなどの些細なことから、ライフパートナーなど非常に難しい選択まで。そのため、選択を行う前に、2、3回、可能であれば1000回も考える必要があります。ただし、間違った決定を下す可能性が高くなることがいくつかあります。実際、その1つの選択は、将来のあなたの人生に影響を与えます。

なぜあなたはしばしば間違った決定をするのですか

意思決定への自信は重要です。これは、決定が心を込めて行われ、リスクを受け入れることを考慮したものです。

間違った方向に進まないためには、次のような悪い決定につながる要因を知る必要があります。

1.あなたは楽観的すぎます

楽観主義者であることは良いことですが、すべての状況で常に有益であるとは限りません。特に、あなた自身の楽観的な感覚が行き過ぎて、あなたが持っている選択のすべての結果を考慮するためにあなたの論理を曖昧にする場合。

調査によると、楽観的すぎると、期待が高すぎて、起こりうる最悪の事態を過小評価する傾向があります。 「ああ、これがひどく終わる方法はありません!とにかくすべてがスムーズに実行されることが保証されています!」

また、他の人に起こった悪いことは自分には起こり得ないという考えも生まれます。これは誰かを悪い決断に導く可能性があるものです。

だから、私は何をすべきですか?楽観的であることは良いことですが、望ましくないリスクの発生を防ぐためのバックアップ計画も必要です。

2.それぞれの選択の賛否両論を作らない

どれが実際に最高の可能性を持っているかを知らずに非常に多くの選択肢に直面したとき、あなたは確かにもっと混乱するでしょう。したがって、正しい決定を下すのに役立つ1つの方法は、検討している各オプションの長所と短所のリストを作成することです。

最終的に状況をあきらめて「cap-cip-cupバッタの芽」を選ぶ前に、座って、それぞれの選択のすべての最も有益な可能性と最悪のリスクについて慎重に考えてください。それをすべてリストの形で書き留めてから、どれが本当にあなたに最適かを考えてください。

3.急ぎすぎ

オプションを検討し、決定を下すには、余分な頭脳の働きが必要です。まあ、このプロセスは急ぐべきではありませんでした。脳は問題を調べ、解決策を見つけ、賛否両論を正確に比較検討し、判断を下す必要があります。

これらのプロセスの1つが見落とされた場合、行われた決定は悪い選択になる可能性があります。また、あなたの周りの人々からのインプットを考慮してください。