親を不安にさせることが多いうるさい食べる子供を克服する

あなたの子供は他のものを食べたくないチキンナゲットまたはソーセージ?それは不便で時々迷惑ですが、食べ物や 好き嫌いの激しい人 これは子供の成長と発達の正常な段階です。この習慣は、特に両親が協力的である場合、実際には時間の経過とともに消えることがあります。以下は、好き嫌いのある子供たちについての説明です(好き嫌いの激しい人)そしてそれが悪化しないようにそれをどのように扱うか。

子供がなる原因は何ですか 好き嫌いの激しい人?

やや滑らかな食感のフードメニューを経て、幼児の頃から子供たちは新しい味やバリエーションの食べ物に気づき始めます。ベビーセンターからの引用、 好き嫌いの激しい人 さまざまな食事を与えられる傾向があります。

子供たちは普段食べる食べ物を選んで好きになる傾向があります。したがって、子供がうるさい食べる人になるのを防ぐために、常に幼い頃に新しい食べ物を導入することをお勧めします(好き嫌いの激しい人).

彼に同じ食べ物を与えると、子供のための食べ物の選択肢が狭くなる可能性があります。これは子供たちを食べ物にうるさくさせます (好き嫌いの激しい人)そしてこれらの条件を克服する方法を見つけなければなりません。

栄養学会誌のProceedingsによると、選択的摂食は幼児期の正常な行動です。

実際、一般的に受け入れられている状態の定義はありません 好き嫌いの激しい人 そして、それらを特定するための最良のツールについての合意はありません。

しかし、子供たちをうるさい食べる人にする原因のいくつかは、通常、次の理由によるものです。

  • 食べ物の食感を認識するには遅すぎます。
  • そもそも食べ物を選ぶようにプレッシャーをかけられる(環境の影響を受ける)
  • さまざまな食料の提供の欠如

それでも同じジャーナルから、あなたの子供がうるさい食べる人であるとき、彼に次のような結果があります:

  • 鉄と亜鉛の欠乏
  • 子供を便秘にする
  • 子供の成長を阻害します

子供たちを克服する 好き嫌いの激しい人 またはうるさい食べる人は特別な注意を必要とし、彼らの周りの環境によって例が与えられます。

提供されたメニューを食べるときにあなたの子供が食欲を持っているように、食べるときに快適な雰囲気を作り出すことも重要です。

食べるのが難しい子供たちに対処するためのヒント 好き嫌いの激しい人 (ピッキーフード)

親としてのあなたは、あなたの子供の栄養摂取量が常に満たされていることを確認する必要があります。彼らが成長するにつれて、ほとんどの子供たちはより多様なフードメニューを好きになり始めます。

彼らは、食べ物や栄養の多様性がいかに重要であるかを徐々に理解するでしょう。その時が来るのを待っている間、辛抱強くなることに加えて、あなたはうるさい食べる人の問題を克服するために以下の方法を試すことができます 好き嫌いの激しい人。

1.食べる(または食べない)という子供の欲求を尊重する

子供を扱う最初のポイント 好き嫌いの激しい人 彼らが空腹でなければ子供たちに食べることを強制していません。子供たちに何かを食べさせたり、自分で皿洗いをさせたりするのが好きな親がいます。これは緊張した雰囲気を作り出し、夕食の席で食事をしているときに議論を引き起こすだけです。

あなたの絶え間ない強制は、実際にあなたの子供を不安や欲求不満と食事を関連付けるようにします。子供たちはまた、自分の満腹感や空腹感を無視する傾向があります。

子供が満腹になるのを防ぐために、少しずつ食べ物を出します。彼らに彼ら自身の食物部分を増やす機会を与えてください。

2.通常の食事スケジュールを順守する

定期的な定期的な食事のスケジュールを作成します。たとえば、毎日同時に重い食事と軽食を提供します。お子さんにジュースやミルクを飲ませたり、おやつを一日中食べさせたりすると、食べる時間に食欲が減る可能性があります。

3.新しいメニューに我慢してください

子供たちを克服する 好き嫌いの激しい人 あなたは我慢しなければなりません。あなたが夕食の席で新しいフードメニューのサービングを提供するとき、通常、子供たちは最初に食べ物に触れたり、匂いを嗅いだりします。

味わった後、彼らは食べ物を皿に戻すかもしれません。通常、これのために、子供たちは最終的に新しいフードメニューに慣れて喜んでする前に、プロセスを必要とします。

食べ物そのものの味だけでなく、食べ物の色、形、匂い、食感にもっと注意を払うように子供たちに勧める必要があります。お子様のお気に入りのフードメニューと一緒に新しいメニューを提示するとよいでしょう。

4.食べることを楽しくする

ブロッコリーやその他の野菜に、お好みのソースや調味料を添えてください。もっと面白くするために、クッキーカッターを使って食べ物をさまざまな形に切ります。

夕食として提供する朝食メニューも提供しています。さらに、選択的摂食障害に対処するために、明るい色のさまざまな食品を提供することを試みることができます(好き嫌いの激しい人).

5.子供たちに食事の準備に参加するように勧めます

あなたの子供がうるさい食べる人であるならば、家族の食事に関連した活動に彼を巻き込むようにしてください。あなたは彼らを市場やスーパーマーケットに買い物に連れて行くことができます。

一緒に買い物をするときは、果物、野菜、その他の健康食品を選ぶのを手伝ってくれるように子供に頼んでください。子供が食べるのに良くないと思うものを買うのは避けてください。

家に帰ったら、子供を野菜の洗濯、生地のこね、テーブルの設置に参加させて同じことをします。

6.あなたの創造性を料理に生かしてください

メニューが気に入らないために食べにくい子供たちの問題を予測するには、創造性を発揮する必要があります。たとえば、刻んだブロッコリーやピーマンをスパゲッティソースに加えることで創造性を発揮します。

さらに、シリアルのボウルにフルーツスライスを振りかけたり、混ぜたりすることもできます ズッキーニ にんじんをお粥とスープにすりおろしました。

野菜や果物などの特定の食品が実際には好きではない場合でも、子供がさまざまな健康食品を好きになるように、これを行うことをお勧めします。

7.食事の邪魔になるものに近づかないでください

食事中はテレビなどの電子機器の電源を切ってください。これは、子供が食べ物にもっと集中するのに役立ちます。テレビコマーシャルはまた、砂糖の多い食品や栄養価の低い食品に対する子供たちの渇望を助長する可能性があることに留意してください。

8.家族と一緒に食べる

一緒に食事をする前に、家族が夕食に何を望んでいるかについて話し合うことができます。一緒に食事を計画することに子供たちを巻き込みます。これにより、子供たちは提供された食べ物をより受け入れやすくなります。

9.報酬や罰として食べ物を受け取らないでください

お子さんへの報酬や罰として食べ物を使用することは避けてください。これは、子供たちの特定の食品に対して否定的な感情を引き起こさないようにするために行われます。

特定の食品を贈り物として作ると、子供にとって特別なものになります。逆に、罰として特定の食品を作ることは、これらの食品を子供たちに避けさせます。

10.新しい食品を紹介する

子どもたちの成長と発達のために栄養を満たしていくためには、子どもたちにさまざまなメニューを提供することが非常に重要です。子供に対処する1つの方法 好き嫌いの激しい人 新しいタイプの食品を紹介することです。

しかし、これは簡単なことではなく、子供からの拒絶は間違いなくあります。以下は、子供たちに新しい食べ物を紹介するためのヒントです。

子供に食べ物に触れさせます

なぜ子供たちに食べ物に触れさせる必要があるのですか?子供がこれをするとき、それは子供がコントロールの感覚を発達させるのを助けることができます。そうすれば、あなたはあなたの子供に彼が最初から食べている食べ物を認識する機会を与えます。

子供に新しい食べ物を試すように強制することは避けてください

子供に一口食べてもらうことで新しい食べ物を提供することをお勧めしますが、子供に無理に押し込まないでください。

子供たちに特定の食べ物を食べさせると、実際にはそれらの食べ物を嫌うようになります。さらに悪いことに、これは母と子の間の議論につながる可能性があり、食事中の雰囲気が一緒になって子供にとって不快になる可能性があります。

食事をしながら心地よい雰囲気を作り、子供の食欲を維持するのに役立ちます。

さまざまなメニューオプションを提供します

さまざまな栄養価の高い食品を提供し、子供が何をどれだけ食べるかを選択できるようにします。

子供の食生活や食事の選択は、周囲の人々、特に親の影響を強く受けます。これは、状態を持っている子供たちを克服することができます 好き嫌いの激しい人 またはうるさい食べ物。

両親が子供の食事の選択に与える影響は、両親が家庭での食事の入手可能性を管理し、食事をいつどのように提供するかを決定し、食事に対して良い行動をとるために発生します。

したがって、常に家庭でさまざまな栄養価の高い食品を提供するようにしてください。親が家庭でさまざまな健康食品を提供し、それらも食べると、子供たちはそれに倣い、栄養価の高い食品を食べることを好む可能性が高くなります。

少しずつ与える

あなたがあなたの子供に新しいフードメニューを紹介しているとき、それに少しの食べ物を与えてください。子供が拒否した場合は、後でもう一度やり直して、子供に新しい食べ物を提供し続けてください。

時間が経つにつれて、子供はそれを試してみて、味を認識し、食べ物に慣れて、二度とそれを拒否しないようにしたいと思っています。

一貫して子供に新しい食べ物を提供することは、子供が新しい食べ物を拒否する傾向を減らすのに役立ちます。

期待が低い

何もスムーズに進まない、条件の克服や削減など、計画通りに進まないことがあるに違いない 好き嫌いの激しい人 子供の中で。

自分自身の恨みを減らすために、この方法の成功への期待を下げることが重要です。

食べ物の選択に集中するのではなく、食事の時間をもっと楽しくすることで集中し続けることをお勧めします。その理由は、お子さんが食事の経験が楽しいと感じた場合、別の機会に同じことを繰り返すからです。

キャンディー、ビスケット、チョコレート、ミルクなどの食べ物を贈り物として使用することは避けてください。これは、子供が彼の欲望を制御することを学ばないようにします。

食事が終わったら、食事が終わっていなくても、お皿を持っていきましょう。次の食事の2時間前に彼女に軽食を与えて、彼女が空腹を認識する練習をすることができるようにします。

一人で食べようとしています

あなたの子供に彼ら自身を養うことを試みるように励ましてください。健康的なスナックを提供するようにしてください。窒息のリスクを避けるために、常に彼らが食べるのを見てください。走るのではなく、座って食べるように教えてください。

お子さんに満腹かどうかを決めさせましょう。これにより、お子さんは自分の体に耳を傾けるようになります。

また、お子さんのおなかのサイズも考慮してください。ミルクやフルーツジュースを飲みすぎると、満腹になる可能性があります。

家族での夕食が遅すぎると、お子さんは疲れすぎて食べられないかもしれません。彼らの食べ物をより速く提供します。

親になった後めまい?

子育てコミュニティに参加して、他の親からの話を見つけてください。あなた一人じゃありません!

‌ ‌