ダイビング中に現れる可能性のある7つの健康上の問題•

サンゴ礁の素晴らしいパノラマ、雄大で恐ろしい難破船、そして並外れた海洋生物は、ダイビング愛好家の主なアトラクションです。しかし、生命を脅かす可能性のあるものもあるため、スキューバダイビングの危険性を覚えておくことが重要です。

ダイビングから発生する可能性のある健康上の問題

1.圧外傷

ダイバーは通常、鼻をつまんで耳から空気を吹き込み、より多くの空気を中耳に押し込むことで海に飛び込みます。

圧外傷は、ダイバーが息を止めている間に上下が速すぎて、中耳と肺のガスが非常に速く膨張するときに発生します。これは、体内と周囲の環境との間の急激な圧力差のバランスをとることができなかった結果です。その結果、ダイバーは耳の組織や肺に損傷を与える深刻な耳の痛みを経験します。

これらの肺の損傷は、肺の虚脱(気胸)を引き起こすほどひどい場合があります。怪我はまた、自由な気泡が血流に逃げることを可能にする可能性があります。これは動脈ガス塞栓症と呼ばれます。動脈ガス塞栓症は、胸痛、呼吸困難、脳卒中などの神経学的問題を引き起こすことがよくあります。

2.めまい

めまい、または頭がおかしいまたは不安定な感じは、圧外傷の深刻な症状の1つです。回転する頭の感覚は、水中で経験すると、見当識障害を引き起こしやすいため、危険な場合があります。

水中でのこの危険な状況を回避する最善の方法は、治療されていない頭痛、発熱、またはアレルギーがある場合はダイビングをしないことです。これが発生した場合、ダイビング関連のめまいの治療には通常、自宅で休むことが含まれますが、頭痛薬も必要になる場合があります。

3.耳鳴り(耳鳴り)

耳鳴りは常に耳鳴りであり、めまいと同様に、頭痛やその他の耳の問題でダイビングすると、このリスクにさらされる可能性があります。

海の深さまで降りると、外耳道の空気が外耳道の空気を圧迫し、頭や耳に圧迫感や痛みを感じます。鼻をやさしく吹きながら鼻孔をつまむなど、さまざまな方法でこのチャンバー内の圧力を均等にする必要があります。

これを正しく行えば、圧力の上昇に問題なく耐えることができます。ただし、風邪、インフルエンザ、またはアレルギーによって引き起こされる副鼻腔のうっ血は、圧力を均等にする能力を妨げ、鼓膜に損傷を与える可能性があります。

4.低体温症

冷水に潜る場合、低体温症が主なリスクです。震えは、体温の低下に対する体の反応であり、低体温症の初期症状の1つです。震え始めたらダイビングを終了する必要があります。

低体温症やスキューバダイビングに関連する他のほとんどの健康上のリスクを防ぐ最善の方法は、適切な機器を使用し、プロのガイドと一緒にダイビングすることです。特に冷水域では、適切で厚く、高品質のダイビングウェアと機器を着用してください。頭は体の熱を大量に失う可能性がある体の領域を表すため、適切な頭のカバーも重要です。

5.減圧症

減圧症は、ダイビング後に体内に溶存窒素が蓄積し、それが気泡を形成して血流と神経系を遮断することによって引き起こされる病状です。

吸収された窒素の量とそれがどこにあるかに応じて、減圧のケースは、関節痛や皮膚の発疹からしびれ、麻痺、そして死にまで及ぶ可能性があります。重度の減圧症の最も一般的な兆候は、脊髄、脳、および肺の機能障害です。

6.窒素が鎮静化

窒素に関連する別の危険は、体内のすべての余分な窒素貯蔵の麻薬効果です。歯科医で一酸化窒素ガス麻酔薬を使用したことがある人なら誰でも、この効果に精通しています。高濃度の窒素で鎮静化されると、常識や感覚を損なう可能性があるため危険です。減圧症と同様に、窒素麻酔のレベルは、潜水深度と体が吸収する窒素の量に関係しています。

7.酸素中毒

酸素中毒は通常、41メートル以上潜るダイバーにとって脅威にすぎません。窒素のように、体は水中の圧力のために追加の酸素を吸収します。ほとんどのダイバーにとって、これは問題ではありませんが、極端な深さでは、非常に多くの余分な酸素が吸収されるため、有毒になります。影響は、トンネル視力(トンネルのように目を集中させ続ける周辺視野の喪失)や吐き気から、筋肉のけいれん、意識の喪失、発作、溺死にまで及びます。

酸素中毒は警告なしにすぐに起こります。酸素中毒を回避するための最善のアドバイスは、深度制限を認識し、それに固執することです。

ダイビングから生じる可能性のある医学的問題はどのくらい一般的ですか?

レクリエーションのためだけにそうするスキューバダイバーにとって、深刻な医学的問題は珍しいことではありません。米国では毎年何百万ものダイビングイベントがありますが、世界中で毎年約90人の死亡が報告されています。さらに、世界中で1,000人未満のダイバーが治療を必要としています 再圧縮 ダイビングに関連する深刻な健康問題を治療するため。

ダイビングの健康上のリスクを回避する方法は?

最も深刻なダイビング関連の死傷者は、初心者のダイバーで発生します。安全のために、ダイバーは自分の身体的限界を認識し、体の許容限界を超えて自分自身を押し出さないようにする必要があります。

従うべき他の規則は以下の通りです。

  • スキューバダイビングの場所、自然条件、ダイビンググループ、またはダイビング器材に慣れていない場合は、ダイビングを試みないでください。深部への降下中は、耳とマスクの圧力を穏やかに均等にするようにしてください。
  • ダイビング画面で約束および/または表示されている制限のパラメーターを超えてダイビングしないでください。
  • 水面から立ち上がるときに息を止めないでください。通常の呼吸をしている間は、常にゆっくりと立ち上がる必要があります。ダイビング中は常に空気が肺に自由に出入りする必要があります。
  • ダイビング中に慌てる必要はありません。ダイビング中に混乱したり怖がったりした場合は、立ち止まってリラックスし、はっきりと考えてください。ダイビング仲間やガイドからも助けを得ることができます。

海洋生物の危険性など、水中環境をよく理解してください。ほとんどの海の生き物はダイバーに対して攻撃的ではなく、動物の発病率は非常にまれであり、事故は起こります。ダイバーは野生の自然に囲まれていることを決して忘れてはなりません。避けるべき魚、サンゴ、その他の危険な植物を学びましょう。

スキューバダイビングには多くのリスクが伴いますが、新しいダイバーは教育とトレーニングを通じて危険を最小限に抑えることができます。オープンウォーター認定プログラムは、ダイビングの生理機能、スキューバダイビングの危険性、安全なダイビングの実践を強調しています。訓練を受けたダイバーは、健康上のリスクを最小限に抑えながら安全にスポーツを楽しむことができます。